ZOOM ( ズーム )   G1 FOUR ギター用マルチエフェクター 自宅練習に便利

スポンサーリンク
エフェクター

今回ZOOMのG1 FOUR を新しく購入したので、実際使ってみてレビューしていきます。

G1 FOUR は発売以来すごく人気のマルチエフェクターです。

ネット上のレビューも評価の高いコメントが非常に多かったです。

ヌマ
ヌマ

そんなに良いなら試してみるか!!

実際自分はコンパクトエフェクター派で、この価格でそんな良い訳ないと思っていました。

マルチよりコンパクトがいいに決まってる!ってタイプです。

実際、使ってみるとZOOMのG1 FOURはすごくいい!

すごく便利で、練習に使いやすい印象です。

正直なめてましたが、すごく使えるマルチエフェクターだと思います。

始めてのエフェクターを購入予定の方

自宅練習用にマルチをさがしている方

気軽に練習できる機材を探している

などは買って後悔しない便利なマルチエフェクターだと思います。

それでは早速レビューしていきます。

そもそもZOOMのG1 FOUR ってどんなエフェクター?

箱はこんな感じ

ZOOMのG1 FOUR はコンパクトなサイズに60種以上エフェクト、13種のアンプモデル、ルーパー、リアルなドラム音源を使用した68種類のリズムパターンを搭載したマルチエフェクターです。

PC/Mac用アプリ「Guitar Lab」にも対応し、随時オンライン配信されるエフェクトなどを追加可能になっています。

かなりたくさんの音色が選べるので、自宅練習には十分すぎる印象です。

早速出してみます。

高級そうな感じはあまりしませんが、マッドブラックな質感は嫌いじゃないです。

変に艶がないので指紋なども付かないので、ガンガン使えます。

持った感じはとても軽いですし、コンパクトで持ち運びしやすそう。

ボタンがたくさんありますが、ある程度エフェクターを知っている方なら、どれがどのボタンかなんとなく掴めると思います。

下の部分はフットスイッチになっています。

キコキコした踏みごこちになっています。

見た目に関しては、値段相応な作りですが、シンプルにはまとまっています。

自分のようなコンパクトエフェクター派の人間としても、操作のイメージがつきやすい見た目をしていると思います。

自宅練習用のエフェクターとして便利

自分はアンプで音を鳴らせない時のギター練習に使うことが多いです。

ギターとヘッドホンとG1 fourがあればどこでもギターの練習ができてしまいます。

電池でも動くので、ほんと場所を選びません!ちなみに単三電池4本です。

仕事の休憩中に車でも練習できます。

本体がコンパクトで軽いのでギターケースにすっぽり入ります。

ちょっとしたスタジオ練習ならこれ一台で大丈夫そうです。

ルーパーとドラムマシン機能が便利

音に関しては評判通り、十分に使えるサウンドです。

自分が一番気に入っているところはルーパーとドラムマシンが付いているということです。

これが一台でまかなえるのはとても便利で、練習がはかどります。

サウンドのクリア感などはちゃんとしたルーパーには及ばないですが、自宅練習なら十分。

自分で弾いたバッキングに合わせてソロの練習をしたり、自分の弾いたフレーズを確認したりと、簡単なことはこれでできます。

ドラムマシンもパターンがあるので、リズムを意識した練習に役立ちます。

どんな人におすすめ?

実際使ってみてどんな人にオススメか考えてみました。

まず自分の様なコンパクトエフェクター派の方でも、一台マルチがあると練習用に使えますし、音作りの幅も増やせます。

またはじめてのエフェクターを何にしようか迷ってる方にもオススメです。

コンパクトエフェクターに比べ沢山の音が入ってて色々なサウンドを出すことができます。

まず色々サウンドを勉強してコンパクトエフェクターを選べば失敗を減らせそうです。

まとめ

今回買ったzoom G1 FOURは正直買いだと思います。

普段エフェクターボードを組んでいる方も練習用に使えます。

エフェクター持っていない方にはこのエフェクターから勉強していくのもありだと思います。

一台あると練習が捗るエフェクターだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました