ストライモン エルキャピスタン 最高のディレイ

スポンサーリンク
エフェクター

こんにちはヌマです。ギター歴15年のエフェクター好きです。

今回は僕がとても気に入っているディレイのエフェクターの紹介です。

その名もストライモン エルキャピスタンです!!

高音質のエフェクターブランドとして有名なブランドであるストライモンのディレイペダルです。

ディレイにこだわりを持つギタリストなら気になるエフェクターじゃないでしょうか?

ストライモン エルキャピスタンの機能

ストライモンの他のディレイとの比較

エルキャピスタンの魅力

など説明していきますので、エルキャピスタンが気になる方はぜひ読んでみてください!!

他のディレイのおすすめはこちらです!

空間系エフェクター好きが選んだ! ディレイペダルおすすめ10選 2020年版 

合わせて読んでみてください!!

ストライモンとは?

ストライモンはカリフォルニア州ウェストレイクビレッジ拠点を置き、米国で製品を製造しているメーカーで

アナログ回路とデジタル信号処理を組み合わせて使用するハイエンドエフェクトペダルのラインでよく知られるブランドです。

製造ラインとしてはディストーション、コーラス、ディレイ、リバーブ、コンプレッサー、フランジャーなどで、どれも高音質なエフェクターを製造しているメーカーです。

実際プロのエフェクターボードにも入っていることも多く、ギタリストにとって憧れのブランドだと思います。

ディレイやコーラス、リバーブなど空間系のエフェクターをボード組み込んでいる方が多いと思います。

どれも高品質で素晴らしいエフェクターばかりです。

エルキャピスタンとは?

商品詳細 商品詳細

エルキャピスタンはストライモンが出しているテープエコーをシュミレートしたディレイです。

テープエコーのもつ独特の温かみ、歪みを再現しています。

MODEスイッチによって3種類の異なるテープエコーのサウンドが再現でき、コントロールとの組み合わせで個体ごとの音色やコンディションの差までシミュレーションできます。

実際のテープエコーは大きくて持ち運んだりは大変です。

エルキャピスタンならテープエコーの持つ魅力がメンテナンスフリーで手に入ります。

テープエコーをシュミレートってちょっとマニアックでいいですよね。

高品質なサウンドでテープエコーならではの太く温かいサウンドが特徴です。

3種類のテープヘッド・モード

商品詳細 商品詳細

テープヘッドモードについて詳しく説明していきます。

エルキャピスタンは3種類のテープヘッド・モードをシュミレートしています。

  • 固定ヘッド・モード
  • 複数ヘッド・モード
  • スライド式ヘッド・モード

この三つでディレイのエッセンスを変えることができます。

それに加え三種類モードスイッチでディレイタイムなどを変えることが可能です。

どのモードもとてもよくセッティングが非常に楽しいペダルです。

つまみが多いのでセッティングが難しくかんじますが、割と簡単にいいサウンドが作れます。

この辺もストライモンの凄さなのでしょう。

サウンド・オン・サウンド(ルーパー)機能

二つのスイッチの組み合わせでサウンド・オン・サウンド(ルーパー)機能もついています。

このルーパーはテープタイプなので徐々に減衰していく感じのルーパーになっています。

このような便利な機能もとても役に立ちますね。

自然な感じで音が小さくなる感じのルーパーなので、デジタル系のルーパーとも違う感じのルーパー機能です。

テープの劣化具合を調整できるTAPE AGEつまみ

ストライモンのエルキャピスタンのスゴいところはTAPE AGEというつまみでテープエコーのテープの劣化具合を調整できます。

これがすごいマニアックでいいですよね!!

テープエコーはテープの劣化でサウンドに変化が生じるらしいのですが、エルキャピスタンはそこまで再現しています。

この徹底したサウンドへの追求がよの中のギタリストを魅了するのだと思います。

使用感としては、古いテープの方が高音が劣化して温かいサウンドになっていく印象です。

エルキャピスタンは隠し機能も搭載

商品詳細

ストライモンのエルキャピスタンには隠し機能も搭載されています。

TAPスイッチとBYPASSスイッチを同時に押した状態で、コントロールの役割が変わる隠し機能に切り替わります。

これによってさらに細かいセッティングができてしまいます。

エルキャピスタンはこのセッティングの幅が広いのも素晴らしいです!!

ただディスプレイなどはないので、多少の慣れは必要だと思います。

隠し機能にはスプリングリバーブも搭載!

隠し機能の中にはリバーブ機能も搭載されています。

ヌマ
ヌマ

ストライモン凄すぎでしょ!!

ディレイの機能だけでも正直お腹いっぱい感ありますよね。

スプリングリバーブは細かい調整はできませんがとても綺麗なサウンドです。

ディレイペダルなのにスプリングリバーブも搭載って凄すぎですね!!

ストライモンの他のディレイペダルと比較

ストライモンでは他にもディレイペダルが発売されています。

自分はエルキャピスタンとタイムラインしか試したことはないです。

一応他の機種も載せておきます。

STRYMON ( ストライモン ) / Time Line 

商品詳細 商品詳細

ストライモンのディレイの最高峰といえばこのタイムラインです。

12タイプのディレイタイプを内蔵した高音質なディレイペダルです。

最高級のディレイペダルを求める方はタイムラインおすすめです!!

エルキャピスタンよりサイズが大きくなるので自分は断念した機種です。

STRYMON ( ストライモン ) / BRIGADIER

商品詳細 商品詳細

こちらも高音質なディレイ

サイズもエルキャピスタンと同じボディサイズです。

STRYMON ( ストライモン ) / DIG

商品詳細 商品詳細

ラック型ディレイの機能とStrymon流モダン・ディレイをコンパクトな筺体に集めたディレイペダル。

色もかわいいですね!

ストライモン エルキャピスタン まとめ

今回はストライモンのエルキャピスタンの感想でした。

皆さんにもエルキャピスタンの良さ伝わったでしょうか?

すごくいいエフェクターで、自分自身エフェクターボードから外せない一台になっています!

コンパクトなサイズ感でこんだけの機能が詰まっているとは・・・

ストライモンってすごいエフェクターブランドです。

その他の機種もすごく優種なエフェクターばかりなので、エフェクターボードの組み込みたくなってしまう魅力があります。

値段は少し高額なエフェクターブランドですが、満足度がかなり高いので余計な買い替えを考えず、逆にコスパがいいかもしれませんね。

エルキャピスタン自体も3種類のテープヘッドモード、TAPE AGEつまみ、サウンド・オン・サウンド、隠し機能、スプリングリバーブなどかなり詰め込まれたエフェクターです。

ショートディレイからロングディレイまで幅広く使えますし、他のデジタルディレイと違いすごく温かいサウンドが味わえます。

自分自身いろいろディレイは使いましたが、エルキャピスタンは別格の良さがあると個人的には思います。

楽器屋さんなどでみかけたらぜひ試してみてください。

それではいいギターライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました